ニュース

先行きの展望について22人のアナリストが評価を行なったデッカーズアウトドア(NYSE:DECK)では、上昇志向と下落志向の両方を示す見解が交錯しています。以下のテーブルは、過去30日間におけるエーテルの動向をまとめたもので、前月と比較しての評価の変化を示しています。

Read More

ウォール街のベテラン投資家であるEd Yardeni氏は、2024年第2四半期のS&P500のEPS(1株利益)予想を5,800ドル(約670,000円)から5,400ドル(約620,000円)に引き上げ、2020年代の終わりまでには8,000ドルの目標を維持すると発表しました。Yardeni氏は最新のQuicknoteでも、「株式市場は私たちの予想以上に急速に成長しているようだ」と述べています。

自動車大手のFord Motor Company(NYSE:F)が、電気自動車の需要が高まる競争激化の舞台で新しい提携金融商品を立ち上げた。出来事先週、米国の電気自動車企業リーダーであるTesla Inc(NASDAQ:TSLA)が、売れ筋のModel Y車に対し0.99%の金利での提携金融商品を立ち上げたことを発表した。この動きは、第2四半期の納品の促進という意味合いもあり。

ロッキード・マーティン(NYSE:LMT)のフロートのショート比率(割当株式に対する空売り株の割合)が、前回の報告から15.05%増のなっている。同社は最近、215万株が空売りされたと報告しており、これは取引可能な全ての普通株式のうち1.07%に相当する。取引量と合わせると、空売りポジションをカバーするには、平均して2.43日の取引が必要だ。

ブート・バーン・ホールディングス(NYSE:BOOT)のフロートの売り建て株比率は、最後の報告以降6.09%減少した。会社は最近、売り建て株が302万株であると報告しており、これは取引可能な全通常株の11.87%にあたる。銘柄の取引高に基づくと、トレーダーが平均して売りポジションをカバーするのに3.6日かかることになる。