アジア

ウォール街のベテラン投資家であるEd Yardeni氏は、2024年第2四半期のS&P500のEPS(1株利益)予想を5,800ドル(約670,000円)から5,400ドル(約620,000円)に引き上げ、2020年代の終わりまでには8,000ドルの目標を維持すると発表しました。Yardeni氏は最新のQuicknoteでも、「株式市場は私たちの予想以上に急速に成長しているようだ」と述べています。

Read More

これらの中型株は先週最も楽観的なパフォーマンスを示しました。あなたのポートフォリオには入っていますか?Bilibili Inc.は(NASDAQ:BILI)は、先週「三國:謀定天下」の発売以降23.32%上昇しました。さらに、JPモルガン(JP Morgan)のアナリスト、ダニエル・チェン氏はBilibiliの株をニュートラル(中立評価)からオーバーウェイト(買い評価)に格上げし、21ドルの株価予測を発表しました。

中国電気自動車のシェア増加が止まらない。エジプトの首都カイロでは、自動車の数が年々増えている。渋滞が激しくなる交通網でトヨタ自動車や日産自動車、ドイツ、フォルクスワーゲンと世界の主要な自動車メーカーが走っている。その中でもBYDなどの中国勢がシェアを握りつつある。

中国経済の回復には時間が必要か。17日に発行が始まった30年物長期特別国債の価格が乱効果している。個人資金主体で売買の繰り返しが見られたことを受け、深圳証券取引所は23日午前、売買の停止を発表した。

パナソニックは国立競技場などで使用される業務用大型プロジェクターを売却し、デジタル事業に集中する姿勢を固めた。主力事業である電気自動車用のバッテリーは中国での競争激化に直面している。プロジェクター事業の売却額は800億円となり、得られた資金をデジタル企業の売却に振り分け、新たな収益基盤の構築を目指す。